調子が悪い時は占い師に占ってもらおう

誰でも調子がいい時の調子が悪い時がありますよね。
この調子がいい時、調子が悪い時というのは何が原因なのかというと運気が原因の可能性が高いのです。
そのため調子が悪い時が続いているなと感じたら一度占い師に運気を見てもらうといいでしょう。

運気とは星の動きなどと関係しているので周期があります。
幸せな星のもとに生まれてきて、ずっと調子がいいなんて人も極まれにいるかもしれません。
しかし大半の人は調子がいい時もあれば調子が悪い時もあるのが普通です。
そしてそのサイクルの長さも時の場合によって異なるのですが、1~2ヶ月ぐらいなら調子が悪いなという状況でも我慢出来てもそれ以上続くとやはり負担が大きいですよね。

人によっては自分は何をやっても上手くいかない、自分はダメな人間だ・・・・なんて自信を喪失し最悪のケースで自殺に追い込まれてしまう事だってあるかもしれません。
また楽天家の人であっても調子の悪い期間が半年やそれ以上続くとさすがに楽天的に考えられなくなってきますよね。
ですが占いでは大殺界と呼ばれる時期があり、その時期に入ってしまうとなんと3年以上も運気が悪い時期が続く事だってあるわけです。

そんな時期はなかなか自分1人で乗り越えようとするのは難しいと思います。
ですが占い師に占ってもらえば少なくともいつ頃になったら運気が上昇するのか分かります。
いつまで耐えればいいと期限を設けられた方がいつまで続くのか分からない状況よりも気分的に楽になりますよね。
また占い師は運気が悪い時期に運気を上げる方法を知っています。
こうすれば運気が上がるとその方法をアドバイスしてくれるでしょう。
もともと運気が悪い状況でこれ以上悪くなんてなりませんから、ダメ元で占い師のアドバイスを聞いてみようなんて気になる人も多いのではないでしょうか?
そしてそれは占い師のところに占ってもらう人の大半は運気が悪い時期にやってくる事からも実証されていますよね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加