縁結びの神様

縁結びは占いというよりも縁結びの神様がいて、その神様に縁結びをお願いするというイメージの方が強いですよね。
全国各地に縁結びで有名な神社があり、カップルで訪れると縁が深まるというのが定番です。
そもそも人の縁とは何かというと恋愛だけの話ではありません。
家族関係も、友人関係も、職場の人との人間関係も人と人との結びつきは全て縁があるわけです。
そしてその縁とは現世だけでなく、前世から続いている縁の可能性もありますよね。

そのため結婚を意識すると前世占いなどで相手が自分の運命の人なのかどうか占って欲しいと思う人もいるわけです。
縁なんて関係ない、占いなんかに頼らなくても好きな相手と結婚出来たらそれで幸せになれるはずだと思う人もいるでしょう。
しかし縁という言葉に抵抗を持つ人でもタイミングという言葉に置き換えてみたらどうでしょうか?

どうもあの人とはタイミングが合わないなんて事がありませんか?
休みが合わない、いつもタイミングが悪い時間帯にメールが届くからすぐに返信をする事が出来ない・・・・などなど。
もし仮に相手に好意を持っていたとしてもタイミングが悪くてかみ合わずにそのまま距離が出来てしまうなんて事はよくある事です。

逆に言えばタイミングがいい人とは関係が深まりやすいのです。
なぜこのタイミングが合う人と合わない人がいるのかというと、そのタイミングこそが縁と関わりがあるのかもしれませんよね。
良縁がないという人は一度近くの神社へお参りに行ってみてはどうでしょうか?

お参りに行くぐらいで何かが変わるわけがないと思うかもしれませんが、そもそも神社とはパワースポットだったり、マイナスイオンが発生しているので行くと何かいい事が起きる場合もあるのではないでしょうか?
困った時の神頼みですし、信じるものは救われるわけです。そして袖振り合うも多生の縁なんて言葉もありますよね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加