あなたの住居は大丈夫?家相占いで占ってもらおう

占いうお座
住居を選ぶ時に何を基準に選びますか?
多くの人は家賃と駅からの距離、それから間取りで選びますよね。
その間取りも生活しやすいかどうかで判断される事が多いと思います。
もちろん家とは生活するための空間ですから生活しやすいかどうかは非常に重要な事です。
しかし家相についても少し考慮して選んで欲しいのです。

家相とは家の方角や間取り、色や形など家の全体の運気について占う方法です。
風水的要素も強いのですが、風水と九星学が元とされています。
もっとも風水も九星学もどちらも陰陽・五行思想の影響を受けた占いや学問ですからそのルーツという意味では同じなのです。
中国で発祥した家相占いが日本に伝わったのは江戸時代頃とされています。

しかし江戸時代の日本では気軽に住居を引っ越すなんて事は出来ずに家相占いは風紀を乱すもととして江戸幕府は取り締まっていたようです。
家相占いは庶民の間では大流行しました。
そもそも家相占いには決して悪い影響を受けるような内容ではないのです。
占いオーラ
むしろ家相を整えるための条件を見てもらうと分かると思いますがその条件とは家を清潔にする、家を明るくする、そして家の風通しをよくする事です。
これらは家の中で気持ちよく生活するにはどれも欠かせない事ですよね。
それをするだけで家相の運気までアップするのならラッキーと言ったところではないでしょうか?

逆に言えばどれだけ家相に拘って設計された家であっても仕事が忙しくてろくに家には帰っていない。
帰っても寝に帰るだけで窓どころかカーテンすら開ける事は少ないという状況では掃除は行き届かず、空気の入れ替えは出来ずに日の光は入らないとどんどん運気は下がってしまうだけです。

人が住まない家はあっとゆうまに傷んでしまうように、人が家を守るという発想なのかもしれませんね。
なので家相に拘る前に家相がよくなる条件をまずはクリアしていきましょう。

|PR|
占いは恋愛相談が多いと聞きます。様々な恋愛を楽しみたいならセフレサイトがおすすめです。
色々な人と出会って色々な恋愛を楽しんでみませんか?

前世を信じますか?

前世が及ぼす影響

「あなたの運勢には前世が影響している」といったことを言われたら、どう思うでしょうか。
「前世なんて信じない」「過去が今の自分に影響しているとは思わない」
そんなふうに考える人も少なくないかもしれません。
「そもそも前世なんて存在するのか」
そういう人もいるでしょう。
でも、ある日突然前世の記憶を思い出したという人をテレビなどで見たことのある人も多いかと思います。
このような科学の力では解明できない出来事は、一体どう解明すればいいのでしょうか。
前世を思い出すといった特別な例でなくても、それに近い出来事は普段でも私たちに起こっています。
たとえば、はじめて来た場所なのに以前に訪れたように感じる、過去に会ったこともない人なのに会った気がする、そんな出来事はデジャブと呼ばれますが、これは前世に関わっているのかもしれません。
また、トラウマといった経験もないのに特定のものを恐れたり嫌悪したりするのは、前世の影響とも考えられているのです。

未来に繋がる前世

自分の未来に影響を与える可能性の高い前世、これを知ることでさらに自分の未来を明確に知ることができるという人たちもいます。
あなたも自分の前世に興味はありませんか。
前世を調べる方法はいくつかあり、その一つとして医学的退行催眠はよく知られています。
他にも、最近ではネット上に前世療法や前世診断といったものがたくさんあります。
とはいえ、いくら前世に興味があっても怪しげな診断はお断りですよね。
そこでおススメするのが、占星術を使って前世を占う方法です。
占星術とは、人の生まれた時の12の星座と太陽や月、その周りにある惑星の動きをホロスコープと呼ばれる星の配置図に当てはめてその人の運勢や運命、他人との相性などを診断する占いです。
このホロスコープに当てはめれば過去の星の動きを割り出すことができ、その時点のその人の状況がわかるというわけなのです。
占星術は古代バビロニアのころが起源とされる歴史ある占い方法ですし、今では星占いとして人々に親しまれており、決して怪しいものではありません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加