あなたの住居は大丈夫?家相占いで占ってもらおう

住居を選ぶ時に何を基準に選びますか?
多くの人は家賃と駅からの距離、それから間取りで選びますよね。
その間取りも生活しやすいかどうかで判断される事が多いと思います。
もちろん家とは生活するための空間ですから生活しやすいかどうかは非常に重要な事です。
しかし家相についても少し考慮して選んで欲しいのです。

家相とは家の方角や間取り、色や形など家の全体の運気について占う方法です。
風水的要素も強いのですが、風水と九星学が元とされています。
もっとも風水も九星学もどちらも陰陽・五行思想の影響を受けた占いや学問ですからそのルーツという意味では同じなのです。
中国で発祥した家相占いが日本に伝わったのは江戸時代頃とされています。

しかし江戸時代の日本では気軽に住居を引っ越すなんて事は出来ずに家相占いは風紀を乱すもととして江戸幕府は取り締まっていたようです。
家相占いは庶民の間では大流行しました。
そもそも家相占いには決して悪い影響を受けるような内容ではないのです。

むしろ家相を整えるための条件を見てもらうと分かると思いますがその条件とは家を清潔にする、家を明るくする、そして家の風通しをよくする事です。
これらは家の中で気持ちよく生活するにはどれも欠かせない事ですよね。
それをするだけで家相の運気までアップするのならラッキーと言ったところではないでしょうか?

逆に言えばどれだけ家相に拘って設計された家であっても仕事が忙しくてろくに家には帰っていない。
帰っても寝に帰るだけで窓どころかカーテンすら開ける事は少ないという状況では掃除は行き届かず、空気の入れ替えは出来ずに日の光は入らないとどんどん運気は下がってしまうだけです。

人が住まない家はあっとゆうまに傷んでしまうように、人が家を守るという発想なのかもしれませんね。
なので家相に拘る前に家相がよくなる条件をまずはクリアしていきましょう。